福岡県豊前市における国内最大級の木質バイオマス発電事業の実施について

  1. Home
  2. お知らせ
  3. 再エネ発電
  4. 福岡県豊前市における国内最大級の木質バイオマス発電事業の実施について

福岡県豊前市における国内最大級の木質バイオマス発電事業の実施について

2016.11.10

rss feed

 当社及び株式会社九電工(本社:福岡市、代表取締役社長:西村松次 以下、「九電工」)は、イーレックス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:本名均 以下、「イーレックス」)が2016年10月に設立した「豊前ニューエナジー合同会社」に出資参画し、三社共同で福岡県豊前市での木質バイオマス発電事業に着手することとしましたのでお知らせします。

 本事業においては、イーレックスと当社が発電所運営を担い、主にイーレックスが燃料調達、当社が技術管理を担当します。また、九電工は発電所の電気設備工事を担当するなど各社の強みを活かした事業運営を図ることとしています。

 なお、今回の発電プラントは、バイオマス燃料の発電所としては国内最大級となる74,950kW規模のプラントを建設する計画としています。

 引き続き本事業の着実な実現に取組むとともに、今後とも再生可能エネルギーの導入量拡大と温室効果ガス(CO2)の削減に貢献してまいります。

事業の概要

事業主 豊前ニューエナジー合同会社
(出資割合)
 ・イーレックス     :65%(予定)
 ・九電みらいエナジー  :27%(予定)
 ・九電工        : 8%(予定)       
発電所名 豊前バイオマス発電所
所在地 福岡県豊前市大字八屋
(九州高圧コンクリート工業株式会社所有地)
定格出力 74,950 kW
年間発電量 約500,000 MWh
一般家庭約15万世帯分の年間消費電力に相当※1
CO2削減効果 約264,000t-CO2/年(推定)※2
燃料使用量 約30万t/年 (パーム椰子殻(PKS)、木質ペレット)
着工予定 2017年 3月
営業運転開始予定 2019年10月

 ※1 1世帯当り271.2kWh/月で算出。出典:電気事業連合会「電力事情について」

 ※2 九州電力㈱のCO2排出係数「0.528kg-CO2 / kWh」(平成27年度)を使用

実施場所

 

[所在地] 福岡県豊前市大字八屋

(九州高圧コンクリート工業株式会社所有地)

 

 

 

 

※みらいへの取り組み

  → 「共同事業による開発」はコチラ

【お問い合わせ先】

 イーレックス㈱   事業開発部           (電話) 03-3243-2216

 九電みらいエナジー㈱ 企画本部 経営企画担当    (電話) 092-738-4738

 ㈱九電工 総務部 広報グループ           (電話) 092-523-1691