九電みらいエナジー

九電みらいエナジー

沿革

沿革

トップ 企業案内 沿革

九電みらいエナジーの沿革

2009年 12月 ●太陽光オンサイト発電事業を行う(株)キューデン・エコソルの設立
2010年 12月 最初のオンサイト発電サービス案件の竣工
2013年 3月 最初の自社発電事業である「大村メガソーラー第1発電所」が運転開始
2014年 7月 ●九電みらいエナジー株式会社設立
※(株)キューデン・エコソルを「九電みらいエナジー(株)」へ商号変更し、九州電力(株)の再エネ開発部門と西日本環境エネルギー(株)の再エネ関連事業を統合
●長島ウインドヒル(株)、みやざきバイオマスリサイクル(株)、串間ウインドヒル(株)を子会社化
再エネ発電全般への事業拡大に伴い本社を小学館ビルへ移転
2015年 6月 自治体と民間企業が協働する日本初の地熱発電事業である「菅原バイナリー発電所」が運転開始
2016年2月 小売電気事業登録の完了(登録番号:A0193)
4月 関東エリアにおける電力販売開始
2017年 2月 九州域外初となる自社発電事業「東広島メガソーラー発電所」が運転開始
港湾法改正後、日本初の大規模洋上風力発電所となる「北九州市響灘洋上風力発電事業」の占用予定者に当社が主体となっているコンソーシアムが選定される
4月 ●ひびきウインドエナジー(株)を設立
12月 ●下関バイオマスエナジー(同)を設立
2018年 9月 自社において初の水力発電所である鴨猪(かもしし)水力発電所が運転開始
※導入済の発電所が再エネ5電源(太陽光・風力・バイオマス・地熱・水力)揃う
2019年 4月 RWE Renewables Japan(同)と日本での着床式洋上風力発電事業に関する協力協定を締結
2020年 5月 自社において初の国産未利用材を燃料とする「ふくおか木質バイオマス発電所」が運転開始
2020年 10月 九州最大の陸上ウィンドファーム「串間風力発電所」が運転開始
※「串間ウインドヒル(株)」にて運営
ページトップへ