三重県度会郡度会町における県内最大級の太陽光発電事業への参画について

  1. Home
  2. お知らせ
  3. 再エネ発電
  4. 三重県度会郡度会町における県内最大級の太陽光発電事業への参画について

三重県度会郡度会町における県内最大級の太陽光発電事業への参画について

2019.06.21

rss feed

 当社は、株式会社九電工、東京センチュリー株式会社、株式会社ベルテクノエナジーと共同で、三重県において最大級となる太陽光発電事業を実施することを決定しましたので、お知らせいたします。

 本事業は、三重県度会郡度会町で約140haの土地に太陽電池モジュール約72MWを設置し発電するもので、発電した電力は再生可能エネルギー固定価格買取制度を用いて中部電力株式会社へ売電いたします。

 当社は、本事業を通じ、引き続き再生可能エネルギーの導入拡大と地域の活性化に貢献してまいります。

事業概要

発電所名 宮リバー度会ソーラーパーク発電所
建設地 三重県度会郡度会町上久具字寺田761番地 他
出力規模 約72MW
年間予想発電量 約8万MWh(一般家庭約2万6,900世帯分の年間消費電力相当※)
運転開始 2023年3月(予定)

※ 1世帯当り2,973.6kWh/年で算出 出典:電気事業連合会「電力事情について」

事業会社概要

事業会社名 合同会社宮リバー度会ソーラーパーク
設立日 2014年7月4日
出資構成 ㈱九電工、東京センチュリー㈱、㈱ベルテクノエナジー、九電みらいエナジー㈱

事業予定地