福岡県朝倉郡筑前町における木質バイオマス発電事業の実施について

  1. Home
  2. お知らせ
  3. 再エネ発電
  4. 福岡県朝倉郡筑前町における木質バイオマス発電事業の実施について

福岡県朝倉郡筑前町における木質バイオマス発電事業の実施について

2018.07.12

rss feed

 当社は、福岡県朝倉郡筑前町において、福岡県初となる国内材を専焼する木質バイオマス発電事業を実施することとなり、この度、敷地造成工事を開始しましたのでお知らせいたします。
 本事業は、間伐材などの未利用木材を有効活用するものであり、林業関係者等で組織する「ふくおか木質バイオマス木材安定供給協議会」が木材を供給、中山リサイクル産業株式会社が新会社を設立し木材チップを製造、九電みらいエナジーが発電所の建設・運営を行います。
 当社は、木質バイオマス発電を通じて、再生可能エネルギーの普及拡大、福岡県近郊の林業や地域の活性化に貢献して参ります。

木質バイオマス発電所の概要

発電所名 ふくおか木質バイオマス発電所
所在地 福岡県朝倉郡筑前町森山
発電所出力 5,700kW(発電端)
発電事業者 九電みらいエナジー株式会社
発電方式 木質バイオマス発電
建設工事開始時期 2018年12月(予定)
運転開始時期 2020年4月(予定)

ふくおか木質バイオマス発電所の場所

木質バイオマス発電事業の概要

  • 地域の天然資源を利用した、天候に左右されない自然エネルギーの創出
  • 温室効果ガス削減、森林保全が実現される環境にやさしい発電事業
  • 地域産業(林業)活性化、雇用創出などの波及効果