HOME > お知らせ > 再エネ発電 > 福島県相馬市で最大出力52.5MWのメガソーラーが稼働します

福島県相馬市で最大出力52.5MWのメガソーラーが稼働します

rss feed
2017/06/01

株式会社九電工

オリックス株式会社

株式会社ベルテクノエナジー

九電みらいエナジー株式会社

株式会社北斗電気設備工事

福島県相馬市で最大出力52.5MWのメガソーラーが稼働

 株式会社九電工(本社:福岡県福岡市、社長:西村 松次)、オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)、株式会社ベルテクノエナジー(本社:東京都千代田区、社長:鈴木 洋)、九電みらいエナジー株式会社(本社:福岡県福岡市、社長:穐山 泰治)、株式会社北斗電気設備工事(本社:福島県南相馬市、社長:菅野 一徳)が共同で設立した「合同会社レナトス相馬ソーラーパーク」は、このたび福島県相馬市磯部地区で最大出力52.5MW(52,452kW)の大規模太陽光発電所の運転を開始しましたのでお知らせします。

事業概要

所在地 福島県相馬市磯部字芹谷地 他
出力規模 52,452kW
設置面積 約684,000㎡
パネル枚数 197,932枚
年間予想発電量(初年度) 約60,000,000kWh
一般家庭約16,660 世帯分の年間消費電力に相当(*)
事業主 合同会社レナトス相馬ソーラーパーク
(株式会社九電工40%、オリックス株式会社30%、株式会社ベルテクノエナジー19.8%、九電みらいエナジー株式会社10%、株式会社北斗電気設備工事)
施工会社 九電工・北斗電気特定建設工事共同企業体
保守・管理会社 株式会社九電工
運転開始時期 2017年6月1日

(*)1世帯当たり3,600kWh/年で算出。出典:電気事業連合会「電力事情について」

レナトス相馬ソーラーパーク

 本事業用地は東日本大震災の津波により甚大な被害を受けた集落跡地と農作が困難になった土地を有効活用すべく、地権者の皆さまにご理解をいただきまして、九電工を中心に地元企業を含む5社でメガソーラー事業を開始します。また、本事業を推進するにあたり、保守・メンテナンス業務の委託において地元雇用を創出するなどの地域貢献策を行います。

 九電工、オリックス、ベルテクノエナジー、九電みらいエナジー、北斗電気設備工事は、本メガソーラーの事業を通じて、再生可能エネルギーの普及に貢献してまいります。

以 上

<本件に関するお問い合わせ先>

 株式会社九電工 総務部広報グループ        江藤・岩田   TEL:092-523-1691

 オリックス株式会社 グループ広報部    橋本・長谷川・松村   TEL:03-3435-3167

 九電みらいエナジー株式会社 経営企画担当     湯越・川田   TEL:092-738-4738

 株式会社ベルテクノエナジー            小井戸     TEL:03-6685-8160

 株式会社北斗電気設備工事             菅野      TEL:0244-24-5878

 

  • jal_mileplan
  • waon_plan
  • 九州親孝行サポート
  • みらいサイト
  • 「カンタンだった!」「安くなった!」などお客様の声をご紹介! CASE1 スポーツ・娯楽施設 CASE2 医療・福祉施設 CASE3 ご家庭
  • メールによるお問い合わせ(資料請求・お見積)

お電話によるお問い合わせ
[ 受付時間 ] 9:00-17:00(土日祝除く)

  • TEL

    電気のご契約
    0570-031-031

  • TEL

    再生可能エネルギー発電事業
    092-738-4738

  • 九州電力
  • 九州のとっておき 九州電力「キレイライフプラス」