HOME > 再エネ発電事業 > みらいへの取り組み > 共同事業による開発

みらいへの取り組み

共同事業による開発

 当社は、九州域内外だけの再エネ自社発電設備の開発だけでなく、事業パートナーや他社とのアライアンスによる大規模な再エネ事業にも取り組んでいます。

福岡県豊前市における木質バイオマス発電事業

(1) 2016年11月10日お知らせ「国内最大級の木質バイオマス発電事業の実施」はコチラ

【概 要】

 当社及び㈱九電工は、2016年10月にイーレックス㈱が設立した「豊前ニューエナジー合同会社」に出資参画し、三社共同で国内最大級となる木質バイオマス発電事業に着手します。

 イーレックスと当社が発電所運営を担い、主にイーレックス㈱が燃料調達を、当社が技術管理を担当。また、㈱九電工は、発電所の電気工事を担当するなど、各社の強みを活かした事業運営を図ります。

事  業  主  : 豊前ニューエナジー合同会社

※出資割合

  ・イーレックス      65%(予定)

  ・九電みらいエナジー       27%(予定)

  ・九電工          8%(予定)

発電所名   : 豊前バイオマス発電所

所在地      : 福岡県豊前市大字八屋

定格出力   : 74,950 kW

燃料使用量  : 約30万t/年

着工     : 2017年5月

運開予定     :   2020年1月

(2) 2015年10月8日お知らせ「バイオマス発電事業の検討開始」はコチラ

【概 要】

 当社は、イーレックス株式会社、九州高圧コンクリート工業株式会社、豊前開発環境エネルギー株式会社との間で、福岡県豊前市におけるバイオマス発電事業の検討開始に関する合意書を締結しました。

 当社とイーレックスが中心となり、九州電力株式会社への全量売電を前提に、PKS(パーム椰子殻)を主燃料とするバイオマス発電事業の運営に関するフィージビリティ・スタディ(事業化可能性調査)を行い、九州高圧(事業計画地所有者)とは土地賃貸借契約について、豊前開発とは灰処理と工場敷地周辺の環境整備について検討しています。