HOME > 再エネ発電事業 > 再生可能エネルギーとは > 概要説明

再生可能エネルギーとは

概要説明

 

再生可能エネルギーは、尽きることなく繰り返し使えて、環境への負荷が少ない自然の力を利用したエネルギーです。

そのエネルギーは、主に電気や熱として利用されます。

再生可能エネルギーによる発電は、温室効果ガスの削減、エネルギー自給率の向上、持続可能な社会への貢献など重要な役割を果たします。

しかし、再エネ発電は出力が不安定であったり、他の発電よりコストがかかるため導入に経済的支援が必要であったりと課題もあり、再エネ発電は原子力発電、火力発電とバランスよく組み合わせて、各発電の特長を活かすことが重要です。

5つの再エネ発電

重要な役割を果たす再生可能エネルギーについて、発電分野で実用化され普及可能なものは、太陽光発電・風力発電・地熱発電・バイオマス発電・水力発電の5つになります。

九電みらいエナジーはこの5つの再エネ発電全てに取り組み、再生可能エネルギーの普及を目指します。

[大規模地熱発電と大規模水力発電は、親会社の九州電力で取り組みます。]

再エネ発電の特徴比較

再エネ発電の特徴比較についてまとめました。

「開発期間」「設備利用率」はコスト等検証委員会報告書(平成23年12月19日 エネルギー・環境会議 コスト等検証委員会)より引用
ただし、開発期間は環境アセスメントにより更に長期化の可能性があります